ライダース・パブリシティが運営する全国の総合住宅展示場やモデルハウスを探せる【家サイト】

住まいの知識建築法規

シックハウス対策

「シックハウス」とは、住宅内に放出された化学物質の影響により、頭痛や吐き気、目の痛みなど人体に被害を生じさせる現象です。これらの問題を解決するため2003年7月に建築基準法に「シックハウス対策に関する規制」が追加されました。

規制対象とする化学物質

クロルピリホス及びホルムアルデヒドとする。

クロルピリホスに関する規制

居室を有する建築物には、クロルピリホス(有機リン系しろあり駆除剤)を添加した建材の使用を禁止する。

ホルムアルデヒドに関する規制

  • 内装の仕上げの制限居室の種類及び換気回数に応じて、内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材の面積制限を行う。
  • 換気設備の義務付けホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合でも、家具からの発散があるため、原則として全ての建築物に機械換気設備の設置を義務付ける。(換気回数0.5回/hの24時間換気システムを設置)
  • 天井裏等の制限天井裏等は、下地材をホルムアルデヒドの発散の少ない建材とするか、機械換気設備を天井裏等も換気できる構造とする。

PAGE TOP