ライダース・パブリシティが運営する全国の総合住宅展示場やモデルハウスを探せる【家サイト】。

家づくり最新コラム

【第61回】二世帯住宅が相続税対策になる理由は?小規模宅地の特例のまとめと2018年の改正点

2018年5月

二世帯住宅が相続税対策になる理由は?小規模宅地の特例のまとめと2018年の改正点

 住宅が建っている土地を相続する時、相続税計算上の評価を下げることができる特例があります(小規模宅地の特例)。「二世帯住宅は相続税対策になる」とよく言われますが、小規模宅地の特例を理解できるとその理由がわかります。2018年の税制改正における改正点とともにご紹介します。

1.新築とリフォームのメリット

 都心部に住んでいる人の中には「自宅等の不動産の価値が高く、それに比べて現預金が少ない」という人も多いです。そのような人が亡くなり、自宅(の建物と土地)を配偶者や同居している子等が相続すると、相続税が現預金で払えないほど高額になってしまい、その支払のために泣く泣く自宅を手放さなければならない、ということも起こりえます。
 そうした悲劇を防ぐ目的もあり、「自宅が建っている土地」を相続した場合、330㎡までの土地については、相続税の計算上、評価を8割減してよい(つまり2割になる)という制度があります。小規模宅地の特例、と呼ばれます。例えば更地だと相続税計算上7,000万円になる土地でも、自宅が建っていれば相続税計算上は1,400万円になるということです。

2.誰でもできるわが家の耐震診断

 ただしこの「小規模宅地の特例」を使うには次の条件のいずれかを満たしている必要があります。

 「親の自宅が建っている土地」を子が相続する場合、親と同居している(②)か、持ち家がない場合(③)しか、この特例が使えません。ではここで、「親の自宅が建っている土地」とは別の土地を、子が購入して住宅を建てる場合を考えてみましょう。その親が亡くなり、子がその土地を相続したとしても①~④には当てはまりません(生計を一にしていないとします)。つまり子が別の土地にマイホームを建てると8割減のこの特例は使えなくなるということになります。

 次に、実家を二世帯住宅に建て替える(親が所有する土地に二世帯住宅を建てる)場合を考えてみましょう。二世帯住宅の場合、子が親と同居しているとみなされるので、親の土地を子が相続すると②の条件に該当することになります(区分登記をしない等の条件を満たす必要があります)。二世帯住宅の場合、8割減の特例が使えるのです。

 二世帯住宅が相続税対策上有利と言われる理由は、この小規模宅地の特例にあります。

3.フルリフォームから新築になったA様の事例

 さて、もう一度、子が実家とは別の土地を購入して家を建てる場合の話に戻ります。このケースでは8割減の特例が使えませんでした(上述)。

 そこで次のようなことを考えてみます。8割減の特例を使うための条件の1つは「家なき子(相続発生前の3年間、自分または配偶者が持ち家を持っていない)が相続する場合」(上記の③)でした。
 では、自分(子)が持ち家を持っているのにそれを手放して、3年間持ち家がない状態になる、という場合はどうでしょうか。この特例が使え相続税を低く抑えることができてしまうのです。例えば、子が自分の持ち家を自分の子(親から見ると孫)に贈与し、引き続き自分が住み続ける、というようなケースが考えられます。

 このケースでは8割減の特例が使えましたが、このような悪用を防ぐために③に関するルールが改正されることになりました。

 

 今回の改正により、上の例だと「A」にも「B」にも当てはまり、この特例が今後は使えなくなります。

 また、次のように子が自分の家を他人に貸し、親族(3親等内の親族とします)が所有する住宅を借りて住むようなケース等も従来はこの特例が使えましたが、改正後は「A」に当てはまるため、特例の対象外となります。

 

 住宅購入や不動産活用を考えている方は、今回のテーマ「小規模宅地の特例」について理解を深めておく必要があります。住宅展示場でハウスメーカーに相談してみるとよいでしょう。

監修・情報提供:株式会社FPアルトゥル 代表取締役
ファイナンシャルプランナーCFP® 井上光章
©2018 Next Eyes.co.Ltd
本記事はネクスト・アイズ(株)が記事提供しています。
本記事に掲載しているテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

住まいの知識TOPへ