ライダース・パブリシティが運営する全国の総合住宅展示場やモデルハウスを探せる【家サイト】。

建築法規~建物の高さに関する制限

高さに関する制限には、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、絶対高さ制限の4種類がありこのうち最も厳しいものに準じます。
これは、前面道路や隣地の日照、採光、通風を確保するために、境界線から一定の勾配内に建物の高さを制限するものです。

道路斜線制限

道路の採光、通風、両側の建物の日照、採光、通風に支障をきたさぬよう、建物の高さを制限したものです。
前面道路の反対側の境界から敷地に向かって一定のルールに従い斜線を引き、その斜線の中に建物が収まらなくてはいけません。

【住居系用途地域の場合】
道路の反対側の境界から1:1.25の斜線内
【商業・工業系の用途地域の場合】
道路の反対側の境界から1:1.5の斜線内

建物を後退して建てた場合は、後退距離分が道路境界より後退し斜線制限が緩和します。
角地の場合は、それぞれの道路から斜線制限を受けます。

隣地斜線制限

隣地の日照、通風、採光に支障をきたさぬよう、建物の高さを制限するものです。
第1種、2種中高層住宅専用地域、第1種、第2種住居専用地域、準住居専用地域の場合に適用をうけます。
隣地境界線に20mの垂直線を引きその上端から1:1.25の斜線内
商業・工業系用途地域の場合は31mの垂直線を引きその上端から1:2.5の斜線内

北側斜線制限

建物北側の土地の日照を確保するため、建物の高さを制限するものです。
第1種、2種低層住居専用地域、第1種、2種中高層住宅専用地域の場合に適用を受けます。
(第1種、2種低層住居専用地域)真北側隣地境界線、または真北側前面道路の反対側の境界線に5mの垂直線を引きその上端から1:1.25の斜線内
(第1種、2種中高層住宅専用地域)真北側隣地境界線、または真北側前面道路の反対側の境界線に10mの垂直線を引きその上端から1:1.25の斜線内

絶対高さ制限

第1種、2種低層住居専用地域の場合は、建物の高さは10m以内または12m以内と制限されています。

  • 用途地域別の規制
  • 建ぺい率と容積率
  • 建物の高さに関する制限
  • 道路幅との関係
  • シックハウス対策
  • 防火地域と準防火地域