ライダース・パブリシティが運営する全国の総合住宅展示場やモデルハウスを探せる【家サイト】。

2019-2020年 家を建てる方 マイホーム新築は今から計画的に! + 2019-2020年 家を建てる方 マイホーム新築は 今から計画的に! 2019-2020年 家を建てる方 マイホーム新築は今から計画的に! + 2019-2020年 家を建てる方 マイホーム新築は 今から計画的に!

2019年10月に導入が予定されている消費税増税。増税前に建てたい・決めたい方も、ゆっくり考えて建てたい方も、早めの計画をご検討ください。 2019年10月に導入が予定されている消費税増税。増税前に建てたい・決めたい方も、ゆっくり考えて建てたい方も、早めの計画をご検討ください。

ギリギリだとこんなことに…家づくりは余裕をもったスタートが肝心です! ギリギリだとこんなことに…家づくりは余裕をもったスタートが肝心です!

  • 家を建てるための人材・資材が不足する可能性があります オリンピック等で建築需要が多くなり大工さん等の職人が不足し、スケジュールが遅れることがあります。さらに、建築資材も不足して価格が高騰、建築費用が高くなってしまうかもしれません。 家を建てるための人材・資材が不足する可能性があります オリンピック等で建築需要が多くなり大工さん等の職人が不足し、スケジュールが遅れることがあります。さらに、建築資材も不足して価格が高騰、建築費用が高くなってしまうかもしれません。
  • プランを練るための時間が足りなくなる恐れがあります 納期に間に合わせるために、間取り等のプランを練る時間が足りなくなり、入居後こんなはずじゃなかった…と後悔してしまうかもしれません。 プランを練るための時間が足りなくなる恐れがあります 納期に間に合わせるために、間取り等のプランを練る時間が足りなくなり、入居後こんなはずじゃなかった…と後悔してしまうかもしれません。
  • 住宅ローンの返済計画に無理が生じることがあります 資金計画をしっかり検討する時間が取れず、完成後の住宅ローン返済が思ったよりも大きな負担になり、家計が苦しくなってしまうかもしれません。 住宅ローンの返済計画に無理が生じることがあります 資金計画をしっかり検討する時間が取れず、完成後の住宅ローン返済が思ったよりも大きな負担になり、家計が苦しくなってしまうかもしれません。

ココがポイント1:消費税8%で家を建てるお考えの方は経過措置※1が適用される2019年3月末までに工事請負契約※2を結びましょう! ココがポイント1:消費税8%で家を建てるお考えの方は経過措置※1が適用される2019年3月末までに工事請負契約※2を結びましょう!

3/31までに工事請負契約を結ぶと、引渡しは10/1以降でも消費税は8%! 3/31までに工事請負契約を結ぶと、引渡しは10/1以降でも消費税は8%!
  • ※1経過措置とは・・・マイホームを購入する場合、引渡しが2019年10月1日以降だと消費税率は10%になってしまいますが、工事請負契約を2019年3月31日までに結んでおけば引渡しが10月1日以降になっても税率は8%のままとなります。
  • ※2工事請負契約とは・・・建築工事の内容とスケジュール、金額やその支払い時期等に関し、建築主とハウスメーカーとの間で取り交わされる契約のこと

住まいづくりには情報収集からスタートしてやるべきことがたくさんあります。 住まいづくりには情報収集からスタートしてやるべきことがたくさんあります。

  • 敷地調査
  • 建築プラン作成
  • 見積り調整

余裕をもったスタートが大切です。まずは住宅展示場へ! 余裕をもったスタートが大切です。まずは住宅展示場へ!

増税前と増税後、差額はどれくらいあるの? 増税前と増税後、差額はどれくらいあるの?

もし消費税増税後に家を建てた場合、負担額はどれぐらい増えるのか。
シミュレーションし、算出してみましょう。

A 土地を購入して新築 約62万円の負担増! A 土地を購入して新築 約62万円の負担増!
B 建て替え 約66万円の負担増! B 建て替え 約66万円の負担増!
  • ※住宅ローンは35年の元利均等返済、フラット35SのAプランを利用すると仮定し、金利は当初10年1.10%、11年目以降1.35%として計算しています。
    なお、フラット35の金利は金融機関によって異なりますが、ここでは最低金利の値(返済年数21年以上、融資率9割以下の場合の2018年5月の最低金利)を用いて計算しています。
  • ※諸費用には一部、消費税が非課税のものもありますが、ここでは全額消費税対象として計算しています。

ココがポイント2:消費税増税負担をやわらげるために増税前後で一部支援制度の変更が検討されています!増税後変化がある制度や、変わらない制度を見てみましょう。 ココがポイント2:消費税増税負担をやわらげるために増税前後で一部支援制度の変更が検討されています!増税後変化がある制度や、変わらない制度を見てみましょう。

すまい給付金 すまい給付金

年収に制限があるものの住宅を購入するとお金がもらえるという制度がすまい給付金。
消費税増税後拡充されますが、一般的にはすまい給付金でお得になる金額よりも、消費税負担の方が重くなる人が多いと考えられます。

  • ※扶養対象となる家族が1人の場合をモデルケースとした収入の目安です。
    収入の種類や家族形態によって対象となる年収額は異なります。
  • ※政令指定都市の場合や、神奈川県の場合は所得割額が他の都道府県と異なります。

住宅取得資金贈与の非課税制度 住宅取得資金贈与の非課税制度

親や祖父母から住宅取得資金をもらう場合、一定額までは贈与税が非課税になる制度。
消費税増税後、最大非課税金額が大きくなりますが、1,200万円以下※の贈与であれば、増税後も贈与税は0で変わりません。

  • ※省エネ住宅等の場合で、それ以外の住宅であれば700万円以下。
  • ※贈与税には元々110万円の非課税枠があるため、上記数値に110万円を足した金額まで、贈与税は非課税になります。
  • ※2020年4月以降も2021年の12月末まで本制度は続く予定ですが、最大非課税額は上記より小さくなります。